awsのサーバレスサービスlambdaのログ監視方法

サーバやインスタンスを使わずにプログラムだけをトリガーで起動させる便利なツールがlambdaです。プログラム単体で動く機能であるため、ログ監視やダッシュボード、レポートなどで可視化を行うことが標準機能ではできません。

しかしawsのログ監視機能を用いることでサーバやインスタンス同様にlambdaのログ管理を行う事ができるようになります。lambdaのログ監視方法のログ管理方法について紹介します。

awsでサーバレスを実現するlambda

awsはクラウド上で様々なサービスを展開しているツールで、汎用性や拡張性の高さに定評があり、既存のオンプレミスとの接続なども可能であることから、多くの企業で利用されています。awsの機能は日々進化しており、新しい機能も次々と登場しています。

サーバの構築などの時間をオンプレミスと比較して大幅に削減するなど、クラウドならではのメリットを最大限に活かしたサービスが特徴ですが、サーバレスを実現するサービスであるlambdaも展開を開始しています。

通常クラウド上でプログラムを開発・実行するためには、サーバやOS、アプリケーションソフトウェアなどを準備し、これらを実行するためにサーバやインスタンスを起動することが不可欠です。awsでもこれらを実現するためにEC2と呼ばれる仮想サーバを提供しています。

EC2の構築はオンプレミスと比較して大幅な時短が実現できるほか、無駄やムラのない容量を維持できるなどメリットが多数存在するサービスです。しかしlambdaは、ユーザが面倒な準備を行う必要が無く、実行するプログラムを作成して登録するだけで起動することができるのが特徴であり、インスタンスやサーバなどの知識がなくても簡単に実行させることができます。

OSやミドルウエア、アプリケーションをインストールする手間を一切排除し、またそれらをメンテナンスする工数すらも無くした画期的なサービスがlambdaです。

lambdaの特徴

lambdaはサーバ管理を必要としないため、直接使い慣れたプログラミング言語を用いてプログラミングを作成するだけで準備完了です。プログラムを実行するにはLambda関数と呼ばれるコードでトリガーを実行するだけで、このコードもJavaやC#、Pythonなどのメジャーな言語に対応しているため、新たな言語を習得したり、面倒な設定を行う必要はありません。

lambdaを使えば簡単なアプリケーション操作をサーバなしで実行させることが可能であり、たとえば、ストリーミングデータをリアルタイムで処理させたり、ファイルアップロード時やダウンロード時に同時に処理をさせる、バックエンド処理を紐付ける、検証やフィルタリング処理を要求の都度実行させることなどを実現させることができます。

どの処理もLambda関数でトリガー設定するだけです。プログラムの実行単位でインスタンスやサーバなどを準備する事は現実的ではありません。最適な環境で契約をしているawsにおいて、容量の余力を上手に活用するにも限界があります。

また、プログラムの設置すべてに対してサーバに関する知識が必要となれば、開発者も限定されてしまいフレキシブルな対応ができなくなってしまいます。lambdaを起動できるようにしておく事で、awsをより柔軟に活用する事ができるようになります。

lambdaはawsのコスト最適化にも寄与

lambdaの料金体系は、プログラムコードが実行に移されたタイミングで課金される仕様です。リクエスト数と実行に移されたときのコンピューティング時間に対して料金が発生する良心的な形態であるため、無駄なコストを一切発生させずに済みます。

EC2の料金は、仮想サーバを構築した段階で、その容量の大きさに伴って費用が発生することから、利用するしないに関わらずコストが発生します。lambdaでも常時リクエストが存在するようなプログラミングの場合には、サーバ契約よりも料金が高くなってしまうケースも存在しますが、リクエスト数にばらつきがあるケースや、一定でない場合などはコストの最適化を行う事もできます。

lambdaのログ管理や監視を行う方法

lambdaはプログラム単位の設定となるため、課題となるのがログ管理です。サーバの構築から行っている場合、サーバ単位やインスタンス単位でログを適切に取得する事ができますが、lambdaの場合には、単位がプログラムであるため、ログ管理を直接行う場合には、プログラムにログ出力を記載しておかなければなりません。

しかしプログラムに面倒なコード追加を行わなくても、lambdaはawsのサービスであるため、CloudWatchを活用してログ取得をすることができます。CloudWatchはawsのオプションサービスであるため、別途契約が必要ですが、awsの監視機能を担う重要なツールです。

awsのあらゆるサービスに適用しているため、CloudWatchを導入する事でレポートやダッシュボードなどで可視化する事ができます。また、アラート機能も備わっているため、一定の閾値を超過した場合に何かしらのアラート機能を実行することも可能であり、lambdaも例外なく、CloudWatchの機能を利用する事ができます。

lambdaの特性上、プログラム単位での動作が単位となりますが、アクセスログや使用メモリなどをリアルタイムやヒストリカルレポートで可視化することができます。もちろん、アラート機能を同時に利用することもできます。

マネジメントコンソールを使えば、CloudWatchからイベント設定ができる

lambdaとCloudWatchを組み合わせてイベント設定を実現する事が可能ですが、マネジメントコンソールという機能を用いることで、イベント設定自体を簡素化させることができます。

通常、lambdaとCloudWatchを組み合わせてイベント設定管理を行う場合には、Lambdaコンソール側で設定を行うのが一般的です。しかしその場合、設定の変更などを行う際には常にlambda側で設定を変えなければなりません。

設定する基盤が複数に分かれてしまうため、設定漏れやミスを起こす可能性があります。マネジメントコンソールを使えば、CloudWatch側でイベント設定を行う事ができるようになります。作り方は簡単で、CloudWatchのイベント、ルールの画面からルールの作成を行うだけです。

これにより、lambda側での設定は不要になります。プログラムの内容を簡素化させることができるケースもあります。イベント設定の管理をCloudWatchに集約させることで、設定漏れのリスクを回避させることができるようになります。

lambdaのログ管理はCloudWatchを利用

lambdaはawsのサーバレスでプログラムを起動できるサービスです。サーバやインスタンスの知識を必要とせずにプログラムを起動できるため、人気があります。サーバやインスタンス単位でないためログ管理などを標準的に出力できないのが欠点ですが、awsの標準管理ツールであるCloudWatchを用いれば、ログやダッシュボード、レポートなどを用いて管理することが可能になります。