awsのec2のメモリ監視はCloudWatchを利用するのがおすすめ

awsのec2はインスタンス上にサーバを自由に構築できるサービスです。オンプレミスでサーバを構築するより、圧倒的に速く構築が可能であるとともに、必要な分だけ契約することができるのでコスト最適化も実現できるメリットがあります。

ec2の利用状況はCloudWatchを導入する事で可視化できます。ディスクやメモリの使用量をレポートやダッシュボードでリアルタイムに管理できます。

awsのec2とは

awsはクラウド上に展開する優れたサービスです。今までオンプレミスで対応してきた企業もawsに乗り換えて、クラウド上にサーバを設置するケースも多くなっています。awsを利用してクラウド上にサーバを設置するときに必要なのがec2というサービスです。

ec2はawsの仮想サーバ構築サービスでOSを乗せた仮想環境をクラウド上に簡単に作る事ができます。

ec2にはインスタンス単位でサーバ環境を構築することができ、データベースやアプリケーションのサーバとして稼働させることができます。複数のインスタンスを契約することで複雑なインフラ構築が可能になります。LinuxやWindowsといったメジャーなOSを利用する事ができるため、オンプレミスのサーバを同じように扱うことができます。

ec2は必要な分だけのインスタンスが割り当てられる仕組みであるため、すぐに利用できるのが最大のメリットです。冗長化仕様としたときにも、インスタンスの契約を増やすだけで実現する事が可能であり、構築までのスピードに最も優れています。

オンプレミスと異なりディスクやメモリの容量も制限は契約に準ずるだけであるため、不足する事態になった場合でも簡単に増やすことができます。

サーバ管理と同様の動きをするのがCloudWatchの役目

オンプレミスでサーバを構築した際には、そのサーバを管理する事が必要になります。サーバの保守やメンテナンスするツールやシステムを別に準備して、物理的に監視するのがオンプレミスの管理方法です。awsでもオンプレミス同様にec2のサーバ管理が必要です。

その役割を担っているのがCloudWatchです。awsのオプション契約をする必要がありますが、awsの標準機能としてリリースしているため、利便性が高いのが特徴です。ec2を契約しただけでは、サーバを構築する事はできますが、どのくらいの使用量があり、現在のトラフィック状況やメモリ使用状況などを管理する事はできません。

しかしCloudWatchを利用する事で、ec2のサーバ稼働状況を可視化する事ができるようになるため、トラフィック状況に合わせたディスクやメモリ状況の変更などを柔軟に行う事ができます。

CloudWatchでメモリやディスク使用量を可視化

CloudWatchを導入することの第一のポイントはディスクやメモリの使用量を可視化できることです。ディスク使用量は、サーバ内の空き容量を可視化する事ができるため、この容量が圧迫するような事態になり利用に影響を及ぼす前に容量の増加や不必要なデータの削除などを検討することができます。

急にエラーが出ることを未然に防げるため、利用者に影響を与えず管理する事ができます。メモリの使用量は利用者の環境に大きな影響を及ぼします。トラフィックが集中している状況では接続しにくくなったり、処理速度が低下し、エンドユーザが利用するような場面においては、売上機会の損失などにつながる可能性もあります。

どの時間帯にどの程度のトラフィック状況なのかをCloudWatchではレポートを用いて可視化する事ができるため、トレンド状況を分析して利用者が快適に利用できるような環境を維持することが可能になります。

監視する事でコストの最適化も可能

CloudWatchを導入することで利用者が快適に利用できるだけでなく、コストの最適化も図ることが可能になります。オンプレミスでのディスク容量などは簡単に変更する事ができませんが、awsのec2インスタンスの容量は簡単に変更する事ができます。

極端な場合、必要な月には多めに契約を行い、必要のない月には契約数を極限まで減らすことも可能です。awsのec2は契約容量に応じて課金されるため、契約数をコントロールする事でコストの最適化を図ることができます。

月内、時間帯変動のように細かい調整まではする事ができませんが、季節変動などが明らかな場合には取り入れる事で年間コストを大幅に改善できるケースもあります。メモリの使用量に関しても同様にコストの最適化が可能です。

メモリ容量を使用量に応じて変動させること事はできませんが、最大限のメモリに合わせる事で、無駄なメモリを発生させずに済ませることができます。ec2にはロードバランンシングというサービスもあります。ロードバランンシングとは、複数のサーバに適切にアクセス負荷が分散されるようにする仕組みであり、これを併用することでメモリの節約をする事が可能です。

Auto Scalingとの併用も有効です。Auto Scalingはec2のインスタンス数を、自動的に増減させることができるサービスで、CPU使用率、アクセス負荷によるトラフィック量の増大に応じて、自動的にインスタンス数を変更する事ができます。

常に最適なインスタンス数での稼働を行う事ができるため、コストの最適化を図ることができます。

CloudWatchはセキュリティ対策でも有効

CloudWatchはディスクやメモリの使用量の可視化を行いコストの最適化を行うだけでなく、セキュリティ面でも有効に活用することができます。メモリの使用量の変化から異常な利用状態を検知させることができます。

一定の閾値を設定し、閾値を超えるようなメモリの利用状態になった場合、自動的にインスタンスの稼働を停止させたり、アラートメールを発生させたりすることができます。日常の利用状況を逸脱する利用環境を監視することで、インスタンスの稼働の安全性を確保するなどセキュリティ対策として利用する事もできます。

同様にディスク利用料の急激な変化などをウォッチすることでデータの異常の検知も可能です。ec2はインスタンス単位ですが、CloudWatchでのセキュリティ設定はインスタンスよりも細かい単位で設定する事ができます。

アプリケーション単位などで閾値を設定することができるため、利用環境に即した形でセキュリティ対策を施すことができます。

awsのec2の可視化にはCloudWatcが最適

ec2はawsでサーバ構築をするためのツールです。標準機能ではサーバの利用環境について管理する事ができないためオプションで準備されているCloudWatchを利用するのがおすすめです。CloudWatchはディスクやメモリの使用量を可視化する事ができるため、最適な利用環境でec2を運営することができます。

またインスタンスのセキュリティ監視もCloudWatchを利用することができます。

参考元『AWS監視・運用 マネージドクラウド | CloudCREW | GMOクラウド株式会社